自分が気にいって購入したものは、高かろうと安かろうと、その人にとっては最高の愛車ですから、手入れもそれなりに行うことは、他人が余計な口出しをしなくても大丈夫なはずです。
しかし、仕事が忙しかったり、家庭の関係で自分の時間が少なかったりするときは、手を抜きがちになってしまい、洗うのはついつい先延ばししたり、いざ洗うときはガソリンスタンドで給油のときとかで、業者にお任せとなってしまいます。
ですが、初心者ほど洗うのは、自分の手で行うことをおすすめします。ガソリンスタンドのやり方を見ていればわかるとおり、最初に水でほこりなどを落とし、場合によるとシャンプーで洗いますが、次に水を丁寧に拭き取り、今度はワックスを塗り、適度なところで、乾いた布でワックスをふき取るように磨きます。これだけで十分であり、それがとても大切なことなのです。
普段は運転中心で、隅々まで点検するというようなことはないので、この洗う一連の行為を行うと、かすり傷やひっかき傷、小石がはねて作った傷などを発見できるのです。そうして自分で補修することによって、腐食などに発展してしまうことを防止できるメリットがあるのです。
もちろん、専門家が洗うと専門家であるがゆえの良さがありますので、自分でやるのと交互に行うなどすると一番いいのではないでしょうか。