車のメンテナンス方法について

車のメンテナンス方法についてはいろいろな知恵と工夫があリますが、バッテリーのメンテナンスについてお知らせします。
バッテリーは微妙なところもあり、注意しないと交換しなくてはならなくなります。昔と違って、最近はエレクトロニクスを使っての操作が多くなり、それにつれてバッテリーの容量も変わってきていますので、交換するとき予想外の出費を伴ってしまいます。
まずは、ライトの消し忘れが一番の致命傷になります。一晩つけっぱなしにしたままであれば、翌日は運転することができなくなりますし、バッテリーにかなりのダメージを与えます。
だから、格納したときは、ブレーキをきちんとしたかどうかと窓ガラスやロックなどの確認と同時に、ライトの消し忘れがないかの点検を習慣にする必要があります。
ライトの消し忘れを二度すると、かなりのバッテリー損傷になるので、次の点検のときには交換を勧められることになってしまいます。
週に一度か二度の運転とか、近くの買い物にしか使わないと人が増えていますが、要注意です。バッテリーに一番負担のかかるのは最初にエンジンをかけるときです。そして、エンジン動作がバッテリー状態を良くしていくという仕組みからすると、運転回数の少ない人、短い距離しか運転しない人はバッテリーにかわいそうなことをしているわけです。
エコや地球環境の問題もありますが、こうしたケースでは週に一度くらいは30分くらいエンジンが作動している状態を作ってあげることが何よりなのです。